初心者必見!キャバクラの仕事内容をていねいに解説

キャバクラのお店での仕事の流れ


キャバクラでは、なんとなく出勤して接客をする、みたいな流れをイメージしてる方が多いですよね。

もちろんそれは間違いじゃないんですけど、その流れをもうちょっと詳しく知ってみたいと思いませんか?

キャバクラでの接客を覚えていくなら、まずは基本から押さえていきましょう!

お店に出勤して待機する

まずはシフトの時間通りに出勤します。

オープンから出勤する予定であれば、オープンの1時間〜30分くらい前に出勤することが多いですね。

そこからドレスを着てヘアメイクをすることになるので、他の仕事よりも準備に時間が掛かります。

営業途中から出勤の場合は、お客さんにドレスアップ前の自分をみられてしまうことになるので、ある程度メイクはしっかりめにしてから出勤するのがおすすめですね。

出勤したら、フリーや指名客が来るまで控え室で待機してましょう。この時に営業LINEを送ったりしている方も多いです。

お客さんに挨拶する・名刺を渡す

ボーイに呼ばれたら、実際にお店に出て接客することになります!

指名客や初対面ではないお客さんなら挨拶をして、初対面のフリーのお客さんなら名刺を渡して自己紹介します。

特に初対面の挨拶と名刺交換は、自分の第一印象が決まる大事な瞬間なので、特にしっかり笑顔を見せて愛嬌たっぷりに接してください!

キャバクラでのフリー接客は、短くて10〜15分、長くても30分くらいなので限られた時間で良い印象を持ってもらうには第一印象が大前提として重要です。

お酒を作りながら会話をする


挨拶ばかりで接客の時間を使ってはいけないので、軽く自己紹介したら早速お酒を作りながら会話をしましょう。

お酒作りはボーイがテーブルにハウスボトルやミネラルウォーター、氷を用意してくれているのでそれを適量ずつグラスに入れて混ぜるだけ。

それをしながら簡単に会話をして、お客さんがどんな人なのかを見極めて接客していくことになります。

できるキャバ嬢になると、この軽い会話だけでお客さんの性格や会話の好みまで把握して、そのお客さんに合った接客方法を選んでいます!

これは上級者向けテクですが、まずは笑顔でお客さんの話を聞いてお客さんのことを知るところから始めてみてください。

連絡先を聞いて、お見送り

接客時間が終わってお客さんが帰る、または別のキャバ嬢に交代、という時間になったらまずは連絡先を必ず聞いてください。

キャバ嬢は営業のためにLINEやメールアドレスを交換するのが必須。それと同時に、帰るお客さんは丁寧にお見送りしましょう。

最後まで笑顔でお見送りすることで、お客さんの印象が格段に良くなります。意外と別れ際の印象って強く残りやすいんですよね。

キャバクラの同伴・アフター


必要があれば、同伴やアフターもすることになります。

同伴とアフターは、キャバクラでの営業方法のひとつで、お店の営業前後にお客さんと一緒に出掛ける、言わば店外デートですね。

それぞれの特徴について、簡単にご紹介していきます!

同伴

同伴はキャバクラの営業前にお客さんと店外デートに出掛けることで、大抵は食事が多いですね。

お店の近くの飲食店で軽くご飯を食べながらおしゃべりをして、そこから一緒にお店に出勤。

特に同伴に関してはノルマがあったり、バックの配分が高かったりするのでキャバクラで稼いでいくなら必須です。

ただ、お客さんの中には同伴するって嘘をついてキャバ嬢と外でデートをして、何かと理由を付けてお店に行く前に退散する通称「食い逃げ」もいるので注意が必要ですね。

あんまり長い時間同伴すると間が持たないですし、同伴だけでお客さんは満足しちゃうので同伴は1〜2時間くらいにするのがおすすめです!

アフター

アフターはキャバクラの営業後に店外デートに出掛けることで、お店に指名客を連れていくことも無いので、正直あまりメリットはない営業です。

ただ、同伴とは違って時間に限りがないので、お客さんは同伴よりアフターが好きな方が多いですね。

アフターをする場合は注意点があって、特にボーイの目が無い分セクハラの危険性が高くなるので、信頼できるお客さんを選んで行くようにしてください!

それから、酔い潰れるとお客さんにお持ち帰りされたり、自宅まで跡を付けて住所を特定されてしまう危険性もあるので飲み過ぎは厳禁です。

個室の居酒屋やお客さんの車に乗り込んで二人きりになるのも危ないです!

営業LINEも大事な仕事


お店の営業時間外の営業方法として大切な仕事が営業LINEです!

営業LINEはお店で接客をした時に交換したお客さんとの連絡先を利用して、お客さんにまた来店してもらえるようにたくさんLINEを送ること。

特に売れているキャバ嬢ほどこの営業LINEがマメで、お客さんとどんどん仲良くなっていく方が多いのでマメな連絡はキャバ嬢にとっては必要不可欠なスキルです!

ただ、コピペの宣伝文はお客さんにメルマガと同じように思われて無視されてしまうので、短くて良いので個人個人に違った内容を送るようにしてください。

まとめ

キャバクラでは、ほとんどのキャバ嬢が同じ接客の流れをこなしているように見えて、実は営業や接客方法はキャバ嬢個人個人が試行錯誤して、自分に合った方法を見つけています。

なので、キャバクラで接客する上では大前提として基本の仕事の流れを覚えると同時に、自分なりの接客スタイルも見つけないといけません!

自分に合った接客方法がすぐに見つかるキャバ嬢はいませんので、たくさん接客をして、一番成功率が高い方法を見つけていってくださいね。

京都で副業バイトにオススメのキャバクラはこちらで紹介しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする