キャバ嬢に偏見がある?夜のお仕事の偏見と事実について

キャバ嬢の偏見やイメージについて


キャバクラで副業を考えている人もそうでない人も、正直なところ、キャバ嬢に対して何かしらの偏見があったり、良いイメージを持ってない人は多いんじゃないでしょうか?

正直私もキャバクラで副業するまではそう思っていた人間なので、そこは否定しないです。

キャバ嬢という仕事は、男性からも女性からも様々な偏見があって、簡単なところでは「お金のためなら何でもする人」「男好きで尻軽な女性」っていう意見も様々。

しかも、お客さんにもそういうイメージを持っている人はたくさんいて、お金を積めばやらせてくれる、みたいに思って枕営業を持ちかける人もいるんですよね。

なので正直、私を含め現役キャバ嬢たちは自分の職業を他人に話しづらいと思っている方がすごく多いんです。私だって、キャバ嬢をしていることをプライベートの知人に堂々と話したいとは思いません。

風俗と水商売の違い


「風俗」と「水商売」を混同して使っている、はたまた同じ意味だと思ってはいませんか?

まずはこの言葉の違いから。

「風俗」は、例えば女性であるスタッフの体に触れたり、性的なサービスが楽しめるお店のことを言います。

性的なサービスのお店を指して言う言葉ですが、法律上はキャバクラも「風俗店」と言う分類になるので、そこで混同してしまう方が多いんですよね。

それに対して「水商売」は、本来の意味では水に形が無いように、お客さんがいなければ経営が成り立たない職業のことを言います。

なので、言葉の意味を考えるとサービス業や接客業も、広い意味では水商売です。

ただ、今は接客業のなかでも夜の仕事に対してのみ水商売と言うようになったので、キャバクラやガールズバーなどが水商売を指す言葉になりました。

なので厳密に言うと、「風俗」が性風俗、ソープ店などを指す言葉で、「水商売」がキャバクラなどの性的サービスのない飲み屋、という違いがあります。

実際に働いているキャバ嬢


とはいえ、言葉の意味なんて調べようと思わなければ調べませんし、意味を説いたところで世間一般のイメージはなかなか払拭されるものではありませんよね。

じゃあ、偏見はナシにして、実際にキャバクラではどんな女の子が働いているのか、現役キャバ嬢としてお答えいたします!

キャバクラの仕事が好きな子

キャバクラで行なっているのは、性的なサービスではなく、お客さんに会話でお店の中での時間を楽しんでもらう接客です!

この会話での接客、かなり技術が必要で、ただおしゃべりするだけではお客さんに興味を持ってもらうことはできません。

ですが、試行錯誤を繰り返していくうちに、徐々にお客さんに振り向いてもらえるようになっていき、そこから仕事のやりがいを感じていくキャバ嬢が多いです!

この仕事のやりがいから、キャバクラでの仕事を好きになったキャバ嬢もたくさんいます。

お金がなく仕方なく働いている子

キャバクラは昼の仕事よりも平均収入が高いですよね。

なので、最初はその仕事がやりたいからというよりは、お金が必要で仕方なく働いている方も多いです。

例えば家が貧乏で早くから家計を支えないといけなかったり、学費を自分で稼ぎたい方、昼の仕事では十分な収入を得られない方など。

短時間勤務でかなり高時給なキャバクラの仕事は、若くても効率よく働ける仕事として選ばれやすいですよね。

社会経験として働いてる子

大学生バイトとしてもキャバ嬢は人気で、たくさん稼げることはもちろんですが、社会経験のために働いている方も多いんです。

キャバクラでは社会人のお客さんを接待する仕事なので、会話技術や社会常識、飲みの席でのマナーなど接客において覚えないといけないこともあります。

それらを覚えながらお小遣いが稼げるキャバクラの仕事は社会経験を積むのにぴったり!

なので、実は一般的に高学歴だと言われている有名な国立大学に通う学生にも、キャバ嬢として働いている人が多いんですよ。

まとめ

キャバ嬢には何かと偏見や悪いイメージが付きまとうもので、その悪いイメージに悩まされる方も多いです。

ですが、キャバ嬢は仕事に一生懸命だったり、社会経験を積むのにぴったりな場所だったりと、前向きに働いている方も多いんです!

…とは言っても、これを読んで偏見の一切が無くなるわけではないですよね(笑)

ただ、世間一般のイメージの「キャバ嬢」と実際の「キャバ嬢」は全く違うということを知るきっかけになってくれれば嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする