保育士の副業にキャバクラをオススメする6つの理由

保育士の5割以上が副業経験がある


保育士の労働問題って、SNSやテレビのニュースでも最近よく話題になってますよね。

ですが改善されたみたいなニュースが一切出ていないように、言うだけで全く改善しようっていう動きは無いんです!

そのことから、保育士のほとんどが保育士の仕事だけでは生計を立てられず、副業経験がある方が多いんです。その割合はなんと5割以上!

半分以上もの保育士が副業経験があるって言うんですから驚きですよね。

そう言う私も、副業経験どころか副業が楽しくなって本業にしちゃったタイプなんですが(笑)

ともかく、保育士が副業をすること自体には、公立でなければ何のお咎めもないですし、多くの保育士がこっそり副業をしています。

お金に困っている保育士の皆さん、稼げる副業をしてお金に困らない生活を送りたいとは思いませんか?

保育士にキャバクラをオススメする6つ理由


多くの保育士たちが自分に合った副業をこっそりはじめていく中、私はキャバクラで働くことを選びました。

実は保育士がキャバクラで副業をすることには、オススメしたい理由がいくつもあるんです。

もちろんこれは私個人の意見でもありますが、副業としてのキャバ嬢の仕事の魅力を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シフトに融通が利く

キャバクラの仕事は普通のアルバイトと同じようにシフト制で、しかも自由出勤制のお店を選べば自分で自由にシフトを決めることができます。

あくまで本業として保育士の仕事を続けていきたいなら、本業に支障がないシフト自由なキャバクラはかなり選びやすいですよね。

しかも、なかには夜9時営業スタートのかなり遅めのお店もあるので、そうしたお店なら営業開始時間に余裕を持って出勤することができます。

あくまでも本業を優先しつつ、稼げる仕事を探しているならまさにキャバクラはぴったりです!

子供と会う心配がない

副業をする上で困るのが、子供やその親御さんに副業がバレないかどうか、です。

副業として別の仕事をしていることがバレたら、禁止されてないとはいえやっぱり親御さんからの心象は悪いですしね…。

ですが、キャバクラは基本的に大人の男性が来店するところなので、子供やそのお母さんと会う心配はありません。

本業に関連する人と出会う可能性が他の職業をしている人よりもかなり低いので、こっそり続けるのにメリットが大きいんですよね。

夜の時間帯に働ける


基本的に保育士の仕事は朝昼の仕事で、夕方には上がりです。

もちろん日によっては夜間保育を担当する場合もありますが、シフト制なので夜間対応がない日は早めに帰れるので、その日に狙ってシフトを組めば大丈夫。

夜の時間帯は基本的には空いているので、夜中心の生活のキャバクラはまさに時間的にもぴったり!

…とはいえ、突然サービス残業させられる場合もあるので、キャバクラは当日欠勤による罰金がないお店を選ぶのがおすすめですね。

大人を相手にできる

保育士をしていると、基本的に常に接しているのは小さな子ども。

毎日子どものことばかり考えて過ごしているので、大人の世界に関わることがどんどん少なくなっていくんですよね。

大人と接するにしても、同僚の保育士や親御さんばかりで、話の話題は9割が子どものことです。

だからこそ、キャバクラでの大人の世界の会話はむしろ新鮮ですごく楽しく感じられます。

毎日色んな人と関わることになるので、特に人と接するのが好きな方にとっては毎日が刺激的でとても楽しく感じられるかもしれません。

スキルを活かせる

保育士は子どものお世話を専門的に学んできて、子どもの心理についてもひと通り勉強してきました。子どもは欲や好奇心に忠実。

そして、大人になってもそのまま成長して、キャバクラにも欲に忠実なお客さんもたくさん来店するんですよね(笑)

子どもの前で嫌な顔を出しちゃダメなのは当たり前のこと。

自分の本心を制御したり、優しく人の話を聞くことができたりと、保育士としてのスキルが接客で他のキャバ嬢よりもアドバンテージになります。

女性として見てもらえる

保育士として働いていると、接するのは子どもとその親御さんばかりの女性社会で、男性と話す機会があってもほとんどが既婚者なので出会いがほぼありません。

なので女性としてではなく、未婚なのにお母さんみたいな見られ方をすることが増えていくんですが、キャバクラではしっかり女性として見てもらえます。

普段女性として見られることがほとんどないので、まず女性として自分を見てもらえるだけですごく新鮮で嬉しいですよね。

普通のバイトはオススメしない


保育士の副業として、普通のバイトを選ぶ方もいます。例えば、飲食店やコンビニのバイトですね。ですが、正直副業として普通のバイトを選ぶことはあまりおすすめできません。

・時給が最低賃金ギリギリで、店によっては残業も多い

・給料に対して、バイトのために覚えないといけないことが多い

まず、普通のバイトではこうした問題に当たります。普通のバイトだと時給千円程度。

5時間働いても5千円にしかなりませんが、キャバクラなら時給5千円も当たり前なので、たった1時間程度で同じ額を稼げるので稼ぎは段違い。

保育士の資格を活かしてベビーシッターのバイトもできますが、ベビーシッターは自治体や専門機関に申請が必要な上、責任重大なので手間と気苦労が割に合いません。

なので私としては、気軽にできて稼ぎやすいキャバクラの仕事をまずおすすめします。

まとめ

副業をしている保育士はかなり多く、半分以上の方が実は副業をしています。

その保育士の副業のなかでは私はキャバクラでの仕事をおすすめしていて、キャバ嬢の仕事をすることには様々なメリットがあります。

・シフトが自由なので本業を優先しやすい

・夜の時間帯に短時間でたくさん稼げる

・保育士関連の知り合いに会う可能性が少ない

・大人の男性を相手にするので保育士にはない刺激がある

保育士の仕事はもちろんやりがいがある仕事ですが、やりがいだけで生活なんてできません!

もちろん最初は不安も多いですが、まずは求人を眺めるだけ、体験入店に挑戦してみるだけでも考え方が変わってくるかもしれませんよ。

京都で副業バイトにオススメのキャバクラはこちらで紹介しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする